スマホ(iPhone)でGARMINとSTRAVAを連携させる手順

筆者はiPhoneXRを使っておりiOSは13です。
今回スマホ(iPhone)でGARMIN Connect(ガーミン コネクト)とSTRAVA(ストラバ)を連携する手順を簡潔に画像つきでまとめたのでご覧下さい。

前提条件

今回GARMINとSTRAVAを連携させるにあたり、前提として

  • GARMINアカウントを持っている。
  • STRAVAアカウントを持っている。
  • GARMIN Connectアプリがインストール済みである。

上記の3点は必須となります。
まだアカウントを持っていない方は作成しましょう。

GARMIN Connectアプリを立ち上げる

GARMINとSTRAVAとの連携は「GARMIN Connect」から行いました。
では早速連携していきましょう。

GARMIN Connectアプリ下部の「プロフィール」をタップ。

garmin-strava
プロフィールをタップ

歯車アイコンをタップ

garmin-strava
歯車アイコンをタップ

「アプリケーション、サービス、デバイス」をタップ

garmin-strava
赤下線部をタップ

「新しいデバイスをSTRAVAに接続する」をタップ

garmin-strava
赤下線部をタップ

GARMINのロゴをタップ

garmin-strava
ロゴをタップ

「GARMINを接続する」をタップ

garmin-strava
接続するをタップ

連携の準備が始まる

garmin-strava
少し時間がかかる

GARMINのアカウント(登録したE-mail)とパスワードを入力。
入力できたら「Sign in」をタップ

garmin-strava
Sign inをタップ

「GARMINを接続する」画面にて、「Activities」と「Courses」をオンにして「Save」をタップ。

garmin-strava
Saveをタップ

「Agree」をタップ。

garmin-strava
Agreeをタップ

「続ける」をタップ。
ここまでくればもう少し。

garmin-strava
続けるをタップ

「健康データへのアクセスを許可する」で「拒否する」と「許可する」が選択できる。
筆者は「許可する」を選択してみました。

garmin-strava
許可してみた

これでGARMIN(ガーミン)とSTRAVA(ストラバ)の連携は完了。
「無料トライアルを始める」を選択してもよいが、試用期間が終わるとサブスクへと移行してしまう。
筆者は「設定しない」を選択。「設定しない」でも、連携は完了しているので気にしない。。。

garmin-strava
完了

「プロフィール」を見ると完了している。

garmin-strava
完了

設定してみて

意外に簡単に連携できました。
連携後Instinct Dual Power Graphiteだけ装着しスマホを持たずに運動してみました。

帰ってGARMIN Connectと同期するとデータがSTRAVAの方へも流れていきました。
スマホを持って運動するのは荷物が増えて嫌だ!!!なんて方にはオススメの運用です!