PILOTのACROってボールペンが使いやすい!コスパも最高!【アクロ】

皆さんはボールペンにこだわりがありますか?
僕は無い…というか"こだわりは無かった"という方が正しいですね。
そう!このパイロットさんが出しているボールペンAcroに出会うまでは書き心地なんてどれも一緒だと思っていました。

パイロット社ボールペンAcro(アクロ)の特徴

まずこのボールペン、アクロはとにかく書きやすい。
ボールペン買うときって文具店で試し書きをすると思うんですが、試し書きした瞬間に「お!滑らかな書き心地!」って思いました。アクロは油性インクなのですが、水性インクのサラサラ感と油性インクの粘りっこさを足して2で割ったくらいの丁度いい粘度です。
自分は水性のサラサラ感も油性インクの粘りも両方にそれぞれの良さがあると思いますが、自分の書き心地を実現してくれるのはこのアクロに使われているインクだ!!!と確信しました。
そう思って公式HPを見ると、やはりインクにはこだわりと秘密があるようでした。

アクロボールに使用しているアクロインキは、粘度を一般的な油性ボールペンの1/5にすることで、水性に近いサラサラなインキになり、ボールがスムーズに回ります。

https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/oil_based/acro1000/

アクロはちょうどよい重さ

ボールペンってプラスチック製でどちらかというと軽く華奢な印象ですよね。
アクロは握る部分(先端)に金属を使っていて、一般的なボールペンより少し重く感じます。
しかも先端部分に重心が来るので、これも書き心地の良さに一役買っていますね。
そしてこの少し重めな感じが「他のボールペンとは違うぞ」というプレミア感を出してくれています。

Acro1000

アクロはシンプルなデザイン。飾らないからビジネス向け

下の画像を見てください。実際のアクロの画像なんですが、シンプルでしょ?
金属光沢もあり、かしこまったところでも使えます。

Acro1000
Acro1000

アクロの価格は

ここまでべた褒めしておきながら、価格が高かったら手を出しにくいところです。
アクロは1000円。税を足しても1100円。
かなりの高コスパ!!!!
正直、文具店で試し書きしながら「書きやすいな、これ。でも高いんでしょう?」って思いました。
でも1000円でこの書き心地なら1000円出しちゃいます!
というか3000円くらいのボールペンと思っていましたもん。
高コスパですよ、コレ。

最後に

僕は限定色のブルーを使っています。ボール径は0.7mmです。
1000円で買うボールペンはコレ一択だと思います。
書き味がとてもいいので、僕は公文書を書くときとか、丁寧な字を求められる場所で使うことが多いですね。
みなさんもよかったら使ってみてください。