HTMLとCSSとWEBデザインにオススメの本 前半

筆者は現在HTMLとCSS、それに加えてWEBデザインを猛勉強中です。
経緯は必要に迫られているから…というところですが、勉強する上で役に立っている本を紹介します。

何冊も本を買いこんで、どれもこれもに目を通すよりは1冊の本をじっくりと頭に叩き込むのが上達への近道です。

まず前半はデザインに関して記述します。

デザインに関しておすすめの本

デザインの「デ」の字も知らなかった自分が「これならスイスイ頭に入る!!」と驚嘆した本。

なるほどデザイン <目で見て楽しむデザインの本。>
著者:筒井美希 著
定価:2000円+税
発行:エムディーエヌコーポレーション
発売:インプレス
ISBN:978-4-8443-6517-4

http://naruhodo-design.com

「なるほどデザイン」の良いところ

デザインに初めて触れる人が、とにかく「視覚的」に勉強できるのがこの本の特徴です。
本の構成はとにかくシンプルで図やイラストが多め、でも大事なことはキチンと押さえてあります。
デザイナーさんが頭の中で考えられていることを図で解説してくれている感じです。

テレビやYoutubeなんかを見る人にはかなり刺さるんではないでしょうか。

本の構成

本は3つのチャプターから構成されています。
ネタバレになりますのでチラッとだけお伝えします。

  • 編集とデザインの話
  • デザイナー(著者)が培って手に入れた「7つ道具」の話
  • デザインの素

編集とデザインの話

ただ単にデザインするのではなく、誰に何を伝えたいのか…実際の例を挙げながら解説してくれます。

「7つ道具」の話

結論、7つ道具は物理的な道具じゃありません!
著者流の言い回しで、頭の中にあるアイデアをブラッシュアップするための考え方のことです。

デザインの素

このチャプターは他の2つのチャプターと違って知識やロジックが説明してあります。
が!写真やイラストで紙面をまるまる1ページ使ったり、見開きで2ページ使ったりしてあるので「読む」というより「視覚で脳に焼き付ける」といったほうが正しいでしょう。
知識がスラスラ入ってくる感覚に気持ちよさすら感じます。

総じて

この本「なるほどデザイン」はWebデザインにも通用すると思います。
「なるほどデザイン」は読み進めていく中で紙媒体むけの本である感じがしますが、デザインの基本はキチンと身につく一冊です。

読み終えたあと、しばらく経ってもう一度読むとより一層身につきます。
ぜひ紙媒体で持っておきたい必携の一冊です。